ハローワールド
障がい者が就職するための就労移行支援事業所ハローワールド
障害者雇用支援サービス

人気記事ランキング

まだデータがありません。

長年の喫煙習慣から発症「COPD」とは?

2015.7.9

その他

cigarette
長年の喫煙習慣が原因で発症するCOPD。百害あって一利なしの「たばこ」をあらためて受け止め、辞めるきっかけにしてみませんか?

COPDとは?

日本には約530万人の患者さんがいると言われているCOPD。主に長年の喫煙習慣が原因で発症し、呼吸機能が低下していく肺の病気です。以前は「慢性気管支炎」、「肺気腫」と別々に呼ばれていましたが、この2つを総称して「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」と呼ばれています。

COPDの症状

タバコなどの有害な空気を吸い込むことによって、空気の通り道である気道(気管支)や、酸素の交換を行う肺(肺胞)などに障害が生じる病気です。その結果、空気の出し入れがうまくいかなくなるので、通常の呼吸ができなくなり、息切れが起こります。

COPDの治療法

COPDは治療法がない病気とされていましたが、最近では治療に関するさまざまな研究が進み「治療が可能」な病気と位置づけられるようになりました。
まず、治療の第一歩は禁煙ですが、気道を拡げて呼吸機能を改善する薬物療法や呼吸筋や全身の機能の衰えを防ぐ運動療法などを組み合わせて継続することで、生活に支障が出るほどまでに重症化することを防ぎ、良い身体状態を長期間保つことができるようになりました。
もしあなたの大切な人や家族にCOPDの可能性があるのなら、早めのお医者さんへの相談を勧めましょう。

佐久間良美

佐久間良美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE
TOP