HELLO NEWS

社会をもっと幸せにするために、
知っておきたいニュースを厳選。

2015.9.19

頭の固いカウンセラーと善悪をはっきりさせるカウンセラーは違う

12
カウンセラーというのは、話をしてくれる人に寄り添うことが必要というのは基本ですが、これは何でもかんでも相手を肯定するものではありません。自分勝手な人に対しては時に厳しいことをしっかりと伝えていくこともカウンセラーの役割となります。また違法行為に対しては、法的な姿勢でしっかりと違法であること、そして正しい行動の仕方を伝えていくことも必要になります。

上記のようなことをするカウンセラーというのは「頭が固い」と言われてしまうことがありますが、これは大きな間違いです。
間違っていることや違法行為を防止していくことは、カウンセリングを受ける人への偏見を少なくすることにも大きく貢献し、とても大切なことになります。

本当に頭の固いカウンセラーというのは、ちょっとした動作やしぐさから、「その人は~のような人」と決め付けてしまう人です。これはカウンセラーにとても多いのですが(メディアなどに出ている人は、話題を作るためにあえて極端なことを言っていることがあります)、ちょっとしたことで、人間性を決め付けてしまったり、「こうするべきです」と決め付けてしまうことがあります。

これはカウンセリングとして非常に大きなリスクを持ってきており、このようなカウンセリングは意味がないと言ってしまうこともできます。
専門知識に振り回されているカウンセラーと言ってしまうこともできます。

頭の固いカウンセラーは自分の専門知識に、相手を近づけようとする

善悪をしっかりつけてくれるカウンセラーは、厳しくも良いカウンセラーが多いです。一方、頭の固いカウンセラーというのは避けていくべきでしょう。相手に同調した後、「~のようなことはありませんか」「それは~だからです」という形を取られてしまうと、相手としてはカウンセラーの言っていることに納得してしまいがちです。それが合っているかどうか関係なく、相手は「自分の話をしっかり聞いてくれる人だから信頼できると」思いがちです。しかし蓋を開けてみると、カウンセラーがただ単に自分の得意分野に、話し相手を誘導しているだけということもあります。こうなると問題の本質を解決することが難しく、余計な問題が「作られて」しまうこともあります。
頭の固いカウンセラーは、自分の得意とするやり方以外に柔軟な対応をすることができない傾向があります。

現代のカウンセラーで、カウンセラーとして評判の良い人が、ただ話し上手、誘導上手なだけであるということは、意外と多いので注意が必要です。

  • google plus
  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
COPYRIGHT (c) HelloWorld co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.