ハローワールド

引きこもりや不登校生徒が高校卒業資格を得られる~町田市のフリースクール~

2016.1.1

その他

記事6-1

いじめやその他の原因により、少子化の現代社会においても引きこもりや不登校の生徒は絶えません。学校に行きたくても行けない、高校に行きたくてもなじめない。同じような悩みを抱えた10代の中高生は沢山います。
今回は町田市にあり、不登校や引きこもりの中高生を対象としている、自分のペースで勉学とコミュニケーションを図りながら、高校卒業資格を目指せるフリースクール「精華学園高等学校」をご紹介します。

【町田市の精華学園高等学校の取り組み】

精華学園高等学校の特徴は家庭訪問などの個別カウンセリング、そして個人それぞれにあったペースでの学習のサポート体制にあります。まずはカウンセリングでじっくり問題を考え、マイペースで通信授業や町田の学習センターでの学習が出来ます。通う事に慣れて来たら、農作業体験などの野外学習も用意されていて、そのカリキュラムは様々です。
センター長の椎名雄一氏は、中高生から成人まで数千人のカウンセリングを実施、何百人ものカウンセラーを育成してきたカウンセラーです。椎名氏は自身が若い頃にうつ病になり、8年間病と闘ってきた経験を持っています。講演などでのキッチンハイターで自殺を図ろうとしたという体験談は、現在では心理学の業界でも有名な話になっていて、テレビなどのメディアにおいても紹介されている方です。椎名氏のカウンセリングのモットーは「過去を振り返るのではなく将来を見据えたカウンセリング」。現在までの事よりも、将来の可能性を探ろうというものです。自らが精神疾患の経験者であったという人生を活かし、悩みを抱え合う人が助け合える場を様々設けていらっしゃいます。

記事6-2

【一人一人をカウンセリングでサポート】

精華学園高等学校への入学は面接のみ。入学前に家庭訪問でカウンセリングを実施します。ひきこもりで出にくい生徒の為に用意されたカウンセリングです。また入学後も万全の体制で個別に面談でサポート。困りごとや悩み事があればすぐに相談出来るシステムが整っています。カリキュラムの進め方も個人に合わせたものが特徴で、通信から週5回の通学を目指しています。

記事6-3

【いつからでも編入学が可能】

春、秋の新入学と合わせて、転校や編入学も随時可能です。その際前の学校で収得した単位も勿論認められます。転校や編入学の際もカウンセリングを実施。また大学進学への道や、卒業後のサポート体制も整っています。
まずは見学や相談から気軽に電話してみるのが良いでしょう。ひきこもりや不登校の生徒達の居場所として、精華学園高等学校が活きています。

ハローワールド編集部

ハローワールド編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE
TOP