HELLO NEWS

社会をもっと幸せにするために、
知っておきたいニュースを厳選。

2016.6.29

知的障害者の方がタクシーを利用しやすい環境を!

-shared-img-thumb-KENTA_863deadh_TP_V

知的障害者の方はパニックを起こしたりコミュニケーションをとることが周りの人より難しいことからタクシーの利用が難しい状態です。ですがタクシーの運転手が障害者の方にきちんと配慮ができて、障害者の方もタクシーの利用に積極的になれば、一人でいろんなところに行けるようになり自立していけるようになりますね。

横浜の養護学校の生徒たちがタクシーに一人でチャレンジ!


横浜の養護学校の生徒たちが、自分の力だけでタクシーを利用することにチャレンジしました。タクシーの運転手の方はできるだけ障害者の方に対しシンプルなコミュニケーションを心がけることで障害者の方に対応したそうです。2020年にパラリンピックが行われることから現在あちこちでバリアフリー化が進んでいます。いろんな人が住みやすいように環境を変えていくことはいいことですが、同時にいろんな仕事をしている人が様々な障害者の方に対し配慮ができるようになることで障害者の行動の幅が大きく広がるんじゃないか?と感じました。

たくさんの人の理解こそが最大のバリアフリー!?


この記事をみて思ったことがまさしく、一人一人の思いやりこそが最大のバリアフリーなんじゃないか?と私は思いました。なぜかというと障害者の方がたくさん外に出ることをしない理由は、町で困ったらどうしていいかわからない?いざというときに危険なことになってしまうというような慣れていない場所に行くことに対する不安があるからだと思います。ですが図書館、バス、電車、スーパー、あちこちで働く人が障害者の方に対し適切な対処、配慮ができるようになることで障害者の方が不安を持たずにあちこちに出かけることができんじゃないかな?と感じました。


健康な人が障害者の方たちのためにやってほしいこと


私は今回のことをきっかけにたくさんの普通に生きる人たちの常識の中に障害者の方と共存するための常識をもっと取り入れてほしいなと感じました。一人一人がいざ障害者の方が困っていた時にどうしたらいいのか?を知っていたらたくさんの人が障害者の人を支えることができるようになると思います。一歩ずつ少しずつでも障害者の方が生きやすい社会ができていけばいいなと思います。





  • google plus
  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
COPYRIGHT (c) HelloWorld co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.