HELLO NEWS

社会をもっと幸せにするために、
知っておきたいニュースを厳選。

2016.9.7

第14回 精神障害者の障害年金支援研究会

a0002_011580

各都道府県間における精神障害及び知的障害者の障害基礎年金の認定について、地域によりその傾向に違いがあることがわかりました。そこで昨年度、厚生労働省年金局が地域差による不公平が生じないよう、ガイドラインとなる客観的な指標や就労状況の評価のあり方について検討会を設置し、注目されましたね。
しかしまだまだ統一の認識がされていないのが現状です。
今回、その検討会の委員である青木聖久氏と埼玉県精神障害者家族連合会が主催者となり、「障害年金と就労の関係性」や精神保健福祉士、社会保険労務士の専門家の視点から見る「障害年金の支給支援」について、お話ししてくださいます。
参加費無料でどなたでも参加できますので、興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか?

精神障害者の暮らしにおける障害年金と就労との関係性
~現状の理解を通して今と未来に各々ができることを考える~


◆日時:2016年10月14日
    13:00~16:45

◆会場:埼玉県障害者交流センター 1F ホール

◆プログラム
13:30~ 講演 精神障害者の生活支援における障害年金と就労の関係性
             青木聖久(日本福祉大学)
15:00~ パネルトーク 障害年金受給支援について
             コーディネーター 青木聖久
             パネラー     荒川豊氏(精神保健福祉士)
                      髙橋裕典氏(社会保険労務士)

◆参加費:無料

◆定員:200名

◆申込方法:メールまたはFAXでの申し込み

◆申込み先:メール 埼家連事務局 saikaren_kokoro@amber.plala.or.jp
      FAX 埼家連事務局 048-825-7172

◆問い合わせ:埼家連事務局
       TEL 048-825-7172

◆主催:埼玉県精神障害者家族会連合会
    精神障害者の障害年金支援研究会


※駐車スペースはありますが、障害のある方が優先の為、公共交通機関のご利用にご協力ください。
駅から(3番乗り場)無料送迎バスが出ています

  • google plus
  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
COPYRIGHT (c) HelloWorld co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.