HELLO NEWS

社会をもっと幸せにするために、
知っておきたいニュースを厳選。

2016.8.19

障がい者とのかかわり方? 一度理解を深めてみよう

deaf-skabiose-1514168_640

もしちょっとおかしいな?と感じたら


背負っている病気や障害によっては、よく寝たり、パニックになったりとしっかりしろよ!と思う人も出てくるかもしれません。このような人を見たらカチン!と来るかもしれませんが一度、その人の症状や病気を一度調べるようにしてください。障害や病気を背負っている人は決してふざけているわけではありません。日本語を知らない人は日本語を話すことはできません。マニュアルもなしに、飛行機の操縦を普通の人はできません。このように生まれながらにして何かが欠けている人もこの世の中にはいるんですね。

もし障害者の方と一緒に仕事をするようになったら?


もしどうしても障害者の方と一緒にお仕事をするようになれば、ストレスを感じる機会も多くなるかもしれません。そのような方は、実際に接しながら一番いいと思うコミュニケーションをとるようにしてください。「ほうれんそう」をきちんとこなすことが難しい人には、一つ一つ細かく指示を出す。良く寝るのならイヤホンで音楽を聴いてもらいながら仕事をする。このように実際に接してみてその人にとって一番いいと思うコミュニケーションを手探りで探していくことが一番いいのではないでしょうか?

障害者の方に対し、どうしても怒りの感情を抑えられないときは?



コミュニケーションを取る中で、どうしても障害者の方と関わることが難しいと判断した場合は、離れるようにしましょう。殺人事件や職場での虐待が急増しているこの世の中、障害者の方と必ずしもうまくやれるとは限りません。どうしてもきついのであれば、お仕事を辞めてもらう、あなたとのかかわりが減るような対処をするようにしてください。あなたもつらい思いをしているかもしれませんが、障害者の方も病気相手にとても苦しんでいます。障害者の方も必死に病気と闘いながら、生きていくために必死にお仕事に取り組んでいるんです。もしどうしてもつらいのなら、手を上げる前にかかわりを切るようにしてください。

  • google plus
  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
COPYRIGHT (c) HelloWorld co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.