HELLO NEWS

社会をもっと幸せにするために、
知っておきたいニュースを厳選。

2016.8.21

履歴書に鉛筆で下書きするのはあり?なし?学生の就活について

SAYA072155409_TP_V

就職活動で必ず必要になる履歴書。よく鉛筆での下書きをしてしまいがちですが、それって本当はあり?なし? など、履歴書を書くときに気を付けなければいけないポイントをまとめました。

履歴書に鉛筆で下書きをしていいのか?


こちらはずばり「わからなければOK」です。つまりやるならうまくやれ、ということですね。鉛筆で下書きをすると鉛筆で書いた跡が残ったり、消しゴムの消し忘れが目立ったりと何かとアクシデントに合う可能性も高いです。もし下書きをする場合は、シャーペンではなく、鉛筆を使うのがおススメ。先をあまりとがらせずに丸くした状態で使用することで跡が残りにくくなりますよ。

消えるボールペンで履歴書を書くのは大丈夫?


最近はキャップの後ろの部分で消せるボールペンがでてますが、あれで履歴書を書くのはいいのか?という疑問を持たれている方もいるのではないでしょうか。
答えはNG。消えるボールペンは普通のボールペンに比べ色が薄く、紙にインクがにじみにくいことから見えずらい履歴書が出来上がりやすいです。ですので消えるボールペンを使って履歴書を書くのは避けたほうがいいでしょう。

履歴書を書くときに注意しなければいけないこと


ちゃんと縦に資格はそろえて書くといったことは学校で習うと思うので、悲劇を回避するためのアドバイスをしていこうと思います。履歴書を書いた後に気付く事件の一つとして「漢字が少しだけ違う」ということが起こりえます。どういうことか?というと漢字のパーツが一部違ってた、ということがまれにあるということです。糸へんが木になっていたり、漢字の目の部分が日になっていたり、これ実は結構ありえるお話で、書いた後に友達に言われて気付くあるある話だったりします。ですので履歴書を書くときは細かく漢字をチェックしたうえで書くようにするようにしましょう。

  • google plus
  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
COPYRIGHT (c) HelloWorld co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.