HELLO NEWS

社会をもっと幸せにするために、
知っておきたいニュースを厳選。

2016.9.13

2020年パラリンピックの種目は何?障害者でも夢はつかめる?

pp_torakkuhashiru_tp_v

障害者の方が主役であるパラリンピックがとうとう4年後に開催されますね。私は今からパラリンピック選手になれるのかな?どんな種目があるのかな?このような疑問を持たれている人もいるのではないでしょうか?今回はパラリンピックの種目、パラリンピックに出るためには?といったことをまとめてみました。

私もパラリンピックにでることはできるの?


できます!パラリンピックに出場したい!という方は何の競技で出場したいのか明確に決めましょう。そしたら次にその競技に出場するための出場条件を満たしていきましょう。出場条件とは主に、その競技の大きな大会での優勝経験などの実績や、その競技ならではのライセンス。参加条件のタイムをたたき出す!といったことが挙げられます。あなたが出場したい競技の出場条件を確認し、満たすことができればパラリンピックに出場できるチャンスが生まれるんですね。

2020年のパラリンピックの種目はどんなのがあるの?


メジャーなものはある程度ありましたので、今回は私が「こんなのもあるんだぁ」と感じたものをいくつかピックアップしていきます。もし気になる方はネットにたくさんの情報が載っていますので、一度確認してみてください。

・車いすフェンシング
車いすに乗りながらフェンシングをすることに驚いています。動画を見て確認しましたが、どうやら車いすをお互い動かさずに剣だけを使って勝負するようです。相手の体に自分の剣を当てられる距離で、一歩も動かず片手だけで戦っているんですね。

・ボッチャ

なにそれ?と思ってみてみましたが、簡単に言うと体育館でできるカーリングのようなものです。ボールを使って白いボールに自分のボールを近づけたり、相手のボールをはじいたりして競い合う競技ですね。

ほかにも何十種目といろんなものがありますので興味がある方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


パラリンピックはそこまで甘いものではない?


上では確かにあなたでもオリンピック選手になれますよ!と書きましたが、そのためには尋常じゃない努力が必要になってきます。4年間努力してもオリンピックの場に立てないことも十分あり得るでしょう。ですが不可能じゃありません。4年間頑張って世界一になれる可能性だって確かにあるんです。本気で頑張れば夢は実現できるかもしれません。自分の可能性を信じて今からでも努力してがんばる価値は十分にあるのではないでしょうか?

  • google plus
  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
COPYRIGHT (c) HelloWorld co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.