ハローワールド

日本料理の職人が「障がい者の自立支援プロジェクト」を始動!最高級ぽん酢で社会の底上げを目指す

2017.5.8

その他

合同会社ソアは、最高級ぽん酢で障がい者を支援する「障がい者の自立支援プロジェクト」を開始します。その第1弾として、 職人歴30年の日本料理職人が、伝統技法を駆使し、食材に徹底的にこだわった最高級ぽん酢「ぽんず 職人の技」を、販売開始します。

▼「ぽんず 職人の技」http://soar103.com/

d25591-1-143872-8

■障がい者作業所に仕事を創る「ソア」
時給146円、月給11,190円。これが作業所で働く障がい者の平均的な賃金です。これでは障がい者が自立して生きていくことはできません。

「障がい者が魅力ある商品をつくり、お客様に買っていただく」という仕組みを創ることで、障がい者が自立して生きていけるようにしたい。そんな「社会の底上げ」をしたいという想いで、代表の川上が30年携わってきた日本料理の経験を活かし、このプロジェクトを起ち上げました。

■自立支援の仕組み


商品開発や、原材料・パッケージの調達、製法指導などは、ソアが担当します。ソア指導のもと、作業所の障がい者が、調合、瓶詰め、ラベル貼り、箱詰めを行います。ぽん酢ができあがったら、ソアが作業所から適正な価格で買取り、お客様にお届けします。


■商品の特長
1.選ばれし食材を使用
日本各地の伝統職人が代々技に磨きをかけ、作り上げた最高の食材を使用しています。


・口に入れた瞬間大豆の味が広がる「茨城 柴沼醤油」
・大豆の旨み成分が凝縮された「関ヶ原 たまり醤油」
・京都老舗料亭御用達「千鳥酢」
・もち米の旨みが引き立つ上品な甘み「愛知 三河みりん」
・米作りからこだわった銘酒「大阪 秋鹿」
・生搾りで品のある香りと酸味を持つ「徳島 すだち・柚子」
・日本料理の出汁の最高峰「枕崎 本枯れ鰹節血合い抜き」「利尻昆布」


2.こだわりの製法
水出し製法:
すだちのフレッシュ感と食材本来の味を大切にするため、熱を通さない「水出し製法」を使用。さらに、旨みを最大限引き出すため8日間寝かせて熟成させています。

つるししぼり:
鰹節の雑味を出さないために、「つるししぼり※」を行っています。
※「つるししぼり」とは、機械などを使わず、自分の重さのみで絞る伝統的な技法です

3.熟練した経験から生み出された絶妙な配合
30年料理経験を積み重ね、試行錯誤して作り上げた配合です。旨みのバランス、酸味のバランス、品格のある綺麗なぽん酢に仕上がりました。

■商品概要


・商品名 :ぽん酢「職人の技」
・容量 :300ml
・金額 :会員特別価格 ¥2,100 (税抜き)
    <※通常価格¥2,380(税抜き)> 送料別途
・URL :http://soar103.com/p/item-detail/detail/i1.html



HWライター

HWライター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE
TOP