HELLO NEWS

社会をもっと幸せにするために、
知っておきたいニュースを厳選。

2018.8.20

ツイッターで就活対策本が炎上!? (1) 面接官の珍質問VSマニュアル就活生

 新卒の就職生向けの、あるマニュアルがTwitter上で話題となっています。


 通勤経路を尋ねる質問に対し、「地下鉄の車内で御社の広告を見て嬉しい気持ちになった」という模範解答を掲載。
これには「支離滅裂」「参考にならない」など厳しいコメントが寄せられています。

イレギュラーを恐れる就活生




 話題になったマニュアルは、『イッキに内定! 面接&エントリーシート一問一答』。 
https://www.takahashishoten.co.jp/book/69635.html
 該当ツイートは既に65000以上リツイートされています。



 同書は「自分を物に例えると」という質問に対し、「オロナインをつけたソイジョイ」と答えることを推奨するなど、奇抜な回答例が目立っています。
 本当に内定に繋がるのか判断出来ませんが、背景には「イレギュラーな質問にも対策が必要」といった就活生のニーズがあると思われます。

意味不明の珍質問が続出





 「自分を物に例えると」のような意図のわからない質問はまだまだあるようです。

東洋経済オンラインの記事によると、
「自分を漢字一文字で表すと」
「自分をおでんの具に例えると?」
「自分を家電に例えると?」
といった質問も。

 これらの意図は「想定外の質問にどう答えるのか」「どのくらい機転が効くのか」確かめたいといったところでしょう。
 ――想定外の質問を恐れる就活生の中で「傾向と対策」が普及。これに対し面接官はさらに想定外の質問を開発――。
 「おでんの具」など珍質問続出の背景には、そういった構図があることが考えられます。

先輩就活生が語る「本当にあった」面接の質問「自分を動物に例えるなら」は、もはや定番だ

対策は「脱マニュアル」


 とはいえマニュアル一辺倒で突破出来るほど、就職活動は簡単ではありません。
 次回の記事では「脱マニュアル」面接対策の基本的な考え方について取り上げます。

  • google plus
  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
COPYRIGHT (c) HelloWorld co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.