HELLO NEWS

社会をもっと幸せにするために、
知っておきたいニュースを厳選。

2018.10.19

無料で職場インターン! 修了証ももらえる「障害者委託訓練」とは?

 「直近に職歴がない」「資格覧が真っ白」――。履歴書を作っている最中、「これだと不採用になるかも」と不安になってしまう人も多いと思います。
 そんな人にオススメしたいのが職業インターン(職場実習)制度。1か月程度、民間企業で仕事を体験。無事修了すると履歴書に記載出来る「修了証」を自治体に発行してもらえます。
 この記事では公的なインターン制度「障害者委託訓練」について紹介します。

一般事務、作業系から農業まで



 今回取り上げるのは、国と都道府県による職業訓練の一つ。
 公的な制度なので受講料は無料(保険料など一部自己負担が発生します)。
 都道府県・地域によって実習先企業の業種・職種は様々。
千葉県のリストを見ると、「エクセルでの数値、住所などの入力」といった事務系コースから、「製品の外箱入れ替え、箱詰め、サンプル品封入」という作業系の実習も。
 その他、介護、農業などを含め実習先は約40社にも上ります。
 就労でいう「労働時間」にあたる実習時間は、短いもので一日あたり3時間程度。
 一日4~6時間の企業が一般的なようです。
 期間を見ると1か月のものが最多。その中でも「週3日(計12日)」から「週5日(計20日)と条件は様々です。

「修了証」は履歴書に書ける



 遅刻や早退、欠勤することなく実習を終えることが出来れば、都道府県から「修了証」が授与されます。
 「修了証」は、「1か月間、無事に実習を完了した」という実績を証明するもので、履歴書の資格欄に記載が可能。
 「勤怠に問題がない」というアピールが出来るので、就職活動の際に大変有力なものになるでしょう。

窓口はハローワーク

 今回取り上げた職場実習は、国・都道府県が民間企業に職業訓練を委託する「委託訓練」という職業訓練のひとつ。
 「職業訓練」というと公営の訓練校に通学し、プログラムを受講するといったイメージが強いですが、民間企業が代行する形式も増えてきています。
 「委託訓練」の申込、相談などを担うのはハローワークの障害者窓口(専門援助部門)。
 「漠然と興味がある」「どんな企業があるか知りたい」といった相談にももちろん応じてくれるので、少しでも気になったら最寄りのハローワークに行ってみましょう。

  • google plus
  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
COPYRIGHT (c) HelloWorld co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.