HELLO NEWS

社会をもっと幸せにするために、
知っておきたいニュースを厳選。

2018.11.9

無料でスーツが借りられる! 就活の出費節約に役立つ「スーツレンタルサービス」3選

 スーツ、かばん、靴、ワイシャツ――。就職活動の準備にはとにかく支出が重なりますよね。費用総額は平均で5万円にも上るといった調査結果も。今回は「少しでも支出を抑えたい」という人必見の「スーツレンタルサービス」を紹介します。

1.大学生向け無料サービス「カリクル」



「就職活動におけるコストを少しでも削減し、より充実した就職活動を行ってほしい」――。
 株式会社C-mind(東京都)はこのほど、レンタルサービス「カリクル」を発表しました。
 同サービスは提携企業からの協賛費、広告費で運営されているといい、レンタル費用は無料とのこと。
 貸出しているのは一般的な黒色のリクルートスーツ。採寸の上、裾上げも対応しているので、自分に合ったサイズのスーツを借りる事が出来そうです。
 レンタルするには同社開催の「採寸会」への参加が必須。詳しくはホームページをご覧ください。

https://caricuru.jp/

2.就労移行が障害者に無料で貸出


 障害のある人に無料でスーツを貸し出ししている就労移行支援事業所が都内にあります。
 株式会社デザインマインドカンパニーが運営する「ジョブサ品川区」は、地域、社会貢献の一環として2017年5月からレンタルサービスをスタート。
 対象となるのは、「ジョブサ品川区」の利用の有無を問わず、「現在就職活動中で障害者手帳を持っている人」。 「職場実習」などで数週間スーツが必要な人には、長期レンタルにも対応してくれるといいます。

http://www.dmctokyo.com/jobshina/project-suit.html

3.月額4,800円のレンタルサービスも



 有料の男性向けレンタルサービスも登場。こちらはなんと一度に2着のスーツを借りることが出来ます。
 株式会社レナウンが提供する「着ルダケ」は、5色の中から好きなカラーを選択し、レンタル出来るサービス。
 料金は2着で4,800円、3着で5,800円(いずれも税抜)で最低利用期間は6か月。
 衣替えの時期になると「春夏モノ」「秋冬モノ」を交換してもえるのも魅力的。就活中の人だけでなく、スーツを着て働く社会人にもオススメのサービスです。

https://kirudake.e-shop.renown.com/

「有料レンタル」or「一式購入」どっちがオトク?



 前述の無料サービスの窓口はいずれも東京都内ですが、「着ルダケ」であればお住まいのエリアを問わず利用することが出来ます。
 「着ルダケ」のメリットは就職活動だけでなく、入社後も利用できる点。
 スーツを着て働く業種・職種への就職を希望している人は、「一式購入」よりもオトクになるかもしれません。
 その理由は「ローテーション」。同じスーツは連続で着用し続けると汗を吸い、生地の傷み、劣化が早くなってしまいます。衛生的・経済的な観点から最低2着は持っておいた方がいいと言えるでしょう。
 また「春夏」「秋冬」それぞれ数着ずつ買い揃えると、トータルの出費は相当な金額になる可能性も。
 よって「2着×2シーズン」借りられるレンタルサービスの方が「コスパ」が高くなるかもしれません。

 スーツの着こなしをはじめとする「身だしなみ」は就職活動の成否を分けるといっても過言ではありません。
「出費は抑えながらもビシっと決めたい!」という人はレンタルサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

  • google plus
  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
COPYRIGHT (c) HelloWorld co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.