ハローワールド

ナッツを食べることでガンの予防に、2万人近くのデータで検証

2015.9.29

コラム

nuts-891792_640
イタリアIRCCS神経医学研究所のマリアローラ・ボナッチオ氏らの研究グループが平均4.3年の追跡調査を行った結果、ナッツを食べることによりガンや原因のわからない死亡率を下げることがわかりました。

約2万人を対象にナッツと死亡率との関連を検証

その結果、調査期間約4年のうち原因を問わない死亡者数は334人。ナッツを食べていなかった人と比べて、たまに食べる人(1カ月に2回以下)では死亡率が32%低下。さらに、1カ月に8回以上食べる人は47%低かった。ガンによる死亡率では36%も下げた結果に。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26313936

肥満予防やダイエット効果も

油っぽく高カロリーなことからダイエットには不向きと思われがちなナッツですが、実は「食べるサプリ」と呼ばれているほど栄養効果は抜群。
肌の美容に良いとされるビタミンEや、糖質や脂質の代謝に必要なビタミンB群が豊富で、鉄分やむくみをとってくれるカリウムなどもたっぷり。なかでも注目なのは、ナッツ類に含まれる植物性の「オメガ3(n-3系)脂肪酸」。これは青魚に含まれていることで知られていますが、実はナッツ(特にクルミ)にも豊富に含まれています。オメガ3脂肪酸には、コレステロール値や中性脂肪値を下げる働きがあることから、ダイエット効果が期待できると言われています。

佐久間良美

佐久間良美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE
TOP