HELLO NEWS

社会をもっと幸せにするために、
知っておきたいニュースを厳選。

2018.7.3

【恋と婚活のお役立ち情報】傾聴を制する者は婚活を制す!すぐに役立つ「聞く力」3選

 こんにちは。広報担当の小沼です!
 サッカー日本代表、お疲れ様でした。実に惜しかった…。
 悲願のベスト8には残りませんでしたが、代表の意地を示した良いゲームだったと思います。前回王者のドイツが敗退など予選から大番狂わせがあった今大会。まだまだ注目です。

 番狂わせかどうかはさておき、この記事では、出会いの場で印象アップ間違いなしの「聞く力」について取り上げます。日頃の人間関係においても役立つスキルなので、婚活中でない方も是非チェックして下さい!

そもそも「聞く力」とは?


 気になる異性を前にすると「自分のことを知ってもらいたい」と思うあまり、話すことばかりに意識が向いてしまっていませんか?
 積極的な姿勢は大切ですが、出会いの場で「しゃべり過ぎ」はNG。なぜなら人は「自分の話を聞いてくれる」相手に良い印象を抱くからです。
 誰にでもある「話を聞いてもらいたい」という気持ちにどれだけ応えられるかが勝負の分かれ道。「安心して楽しく話せる」といった印象を持ってもらうためにも、「聞く力」は必須のスキルです。

<その1>相手の意見を否定しない


 まず絶対に守らなければならない「相手の話を否定しない」という原則があります。  
自分の発言を頭から否定されると嫌な気持ちになりますよね…。日常生活においても同様ですが、出会いの場で否定発言は絶対NGです。
 否定するつもりはなくても無意識に使ってしまうネガティブな言葉にも要注意。「でも」「いや」「けどさ」など「逆説」と言われる言葉は使わないよう心掛けて下さい!

<その2>自分の考えを押し付けない


 次にNGなことは、話の途中で自分の意見を主張すること。話の内容に対して、言いたいことが出てきても、ぐっと我慢して下さい。
 なぜなら「聞き手はわき役」というのが傾聴のセオリーだからです。
 主役の話し手が楽しくトーク出来ることが「聞く力」のゴール。「なんか違うなぁ」と感じたとしても、口を挟まず「相手が主役」と自分に言い聞かせながら、ヒアリングに徹してみましょう。

<その3>ヘタなトークよりも「オウム返し」!


 否定と自己主張を避ければ「聞く力」の土台は完成したようなもの。話し手が楽しくトーク出来るよう、さらに踏み込んだテクニックもチェックしてみましょう。
 例えば、どれだけ話を聞いてくれても「…」と無言でノーリアクションだったら悲しいですよね…。
話し手の気持ちを左右するのは、まさに利き手のリアクション。今回はいくつかあるテクニックの中でも一番便利な「オウム返し」を紹介します!
 オウム返しと聞くと「相手の言葉をリピートしてるだけじゃん」「ホントに意味あるの?」と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、これはあらゆる人間関係に役立つ万能潤滑油!決して侮ってはいけません。

例を挙げると

話し手「昨日はすごく暑くて、外に出たら汗かいてなんだか疲れちゃいました…」
聞き手「あれだけ暑いと疲れちゃいますよね」

話し手「気温が高くなると熱中症が怖いです…。水分ばかり摂ると、食欲もなくなってきますし…」
聞き手「熱中症は怖いですよね。そりゃあ食欲も落ちますよね」

 といった感じです。
 直前の発言内容の一部を抜き出し、繰り返すだけでOKです。
 文字にすると味気ないのですが、効果は抜群!「話を聞いてもらえている」「発言を受け止めてもらえている」といった印象を与えられます。
 口下手な人でもすぐに実践できるので、今日から試してみて下さい!

 今回は婚活で役立つ「聞く力」の基本を取り上げました。次回は話し手も聞き手も会話がもっと楽しくなる、「リアクション」テクニックを紹介しますので、ご期待下さい!

  • google plus
  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
COPYRIGHT (c) HelloWorld co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.