ハローワールド

もし子供に障害があったら・・・国からの援助や公的制度は何があるの?

2015.7.15

補助金・助成金

1

現在、全国の知的障害者の数は約420万人おり、これは国民の約2%の人口比率になります。
また、障害があるお子様の面倒を見るには様々なお金もかかるとも言われています。ですが国の援助や公的制度を上手く利用すれば、家族にかかる負担を軽減することが出来ます。

障害者への支援として特別児童扶養手当

障害者への支援は経済的な支援と療育支援に分けることが出来ます。代表的な制度としては特別児童扶養手当は経済的な支援になり、金額も障がい等級1級:49,900円を毎月受け取ることが出来るようになります。また障がい等級2級ならば33,230円を毎月け取ることが出来るようになります。

特別児童扶養手当の受給資格と期間

身体障害者と認められ医師の判断によって手続きを定期的に申請していくことが必要になります。お子様が20際になるまでに受給することが可能になります。特別児童扶養手当は経済的な助けになります。

障がい児福祉手当も十分に利用価値がある制度

障がい児福祉手当な土は精神障害、知的障害者共に、体に重度の障害を持っている方に支給されることになります。受け取りことが出来る金額は手当額として14,140円を毎月、受け取ることが出来るようになります。

障がい児福祉手当の受給資格者

基本的に介護を必要としている方で在宅の20歳未満の者に支給される手当になります。また特別児童扶養手当と同様に定期的に検診を行ったあと認定される制度を活用していくことが出来ます。

一般的な交通機関を使用した時に割引

基本的に身体障害者の方には多くの公共の機関で施設の割引等を行っています。そのため電車、バス、地下鉄、タクシー等の多くの交通機関を含めて、様々な施設等でも割引が可能になります。またJR等ではバリアフリー施設、設備の拡張なども行っています。またJRでの運賃に関しては5割引きになります。

療育支援に関して

発達障害がある方にとってはお子さんが家族と友の自分らしく自立した生活を送っていくことが出来るように国が援助します。発達支援など各地域に施設がありますので、お子様の症状に合わせた施設を検索しましょう。
公的制度は手続きをすることが大切です。医師の診断書なども持って、療育手帳や身体障害者手帳などがないと支援を受けることができませんので、しっかり証明書を発行しておきましょう。また障害者に対しての割引を行っているサービスが増えています。障害者が十分に有意義に生きることが出来る社会作りが始まっています。

ハローワールド編集部

ハローワールド編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE
TOP