HELLO NEWS

社会をもっと幸せにするために、
知っておきたいニュースを厳選。

2018.11.21

【社内News】こんな講座をやってます~久喜校・自己表現編~

こんにちは。広報の小沼です。

障害のある方の就職に直結する様々なプログラムを開講するハローワールド。

その中でも「コミュニケーション」「メンタルケア」に関する講座は、利用者のみなさんから特に好評をいただいています。

今回は、日頃のブログでは“さわり”程度であった、プログラムの中身をご紹介。
広報が久喜校にて利用者と一緒にプログラムを聴講。一部始終をレポートします。



プログラムのテーマは、「自分も他者もハッピーになれる『自己表現』」。

(画像は実際に使っているテキストの一部です)


みなさんは日頃、自分の考え・思いを他者にしっかり伝えることが出来ていますか?
「言いたいことを言えずに我慢している」といった人もいらっしゃるかと思います。

とはいえ、ただ「主張さえすればそれで良し」という訳にもいかないのが難しいところ。
自分本位の言動を重ねてしまうと、他者を不快にさせてしまいがち。



相手にとっても、自分自身にとってもマイナスにならない、良好な「伝え方」を身に付けることは社会人の必須スキルといっても過言ではありません。

今回の「自己表現編」は、自分も他者も大切にするコミュニケーションスキルの中でも、すぐに実践できる「感謝」と「Iメッセージ」のポイントを取り上げました。

プログラムは、自己主張に欠かせない「利他の心」から始まります。

ファシリテーターの岡崎は、良好なアサーションのコツは「相互理解」にあると強調。

コミュニケーションにおいて「意見の相違」が生じることは避けられません。
「自分が正しい」「相手が間違っている」という考えで主張をすればするほど、相互理解から程遠い状態に…。

自己主張の前提として、「まず相手の話を聴く」「相手の主張を受け入れる」ことが必須。
岡崎は「利他」と「感謝」の心をしっかり持つことが大切だと語りました。

次に取り上げたのは、「Iメッセージ」。

例えば(身支度に時間がかかり、相手を待たせてしまっている)というシチュエーションで

A「急いで」
B「もう少し早く進めてもらえると(私は)嬉しいな」

言われて、不快な気持ちにならないのはどちらでしょうか。
おそらく多くの人が後者であるかと思います。

AとBの違いは「主語」。
Aの主語が「相手」(you)であることに対し、Bは「私」(I)。
主語が「相手」のyouメッセージは、どうしても相手の言動を責めるような印象を与えがち。

「私」が感じたこと、思ったことを表現するIメッセージを使うことで、相手をなるべく責めず、自分の思いを伝える事が出来るようになります。

岡崎は「日々のコミュニケーションで『感謝』『利他』を前提とした、ポジティブな表現を取り入れることで、自分も他者もハッピーになれる」とまとめました。


「心の疾患の有無に関わらず、毎日を明るくハッピーに生きる」ことを目指し、「コミュニケーション」「メンタルケア」プログラムを重視するハローワールド。

スクールによって様々ですが、「マインドフルネス」「メタ認知」「ソーシャルスキルトレーニング」などを日々開講中。

折りを見て、今後もプログラムの細かな内容をご紹介できれば、と思います。

◇ Twitter ◇ https://twitter.com/HelloWorld_jp
◇ Facebook ◇ https://www.facebook.com/helloworld.co.jp/
◇ wantedly ◇ https://www.wantedly.com/companies/hello-world

  • google plus
  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
COPYRIGHT (c) HelloWorld co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.