HELLO NEWS

社会をもっと幸せにするために、
知っておきたいニュースを厳選。

2018.10.24

【サービス管理責任者とは】利用者の決断を支える“引き立て役”【久喜校・田中にインタビュー】

こんにちは。広報の小沼です。

今回は久喜校で「サービス管理責任者」を務める田中にインタビュー。
スクールのリーダー役であるサービス管理責任者。
「ぶっちゃけ」どのような思いで就労支援に臨んでいるのかを紐解いていきます。
日頃から「利用者の意思決定が大切」「私たち支援者は引き立て役」と強調している彼の内面に迫りました。



小沼「こんにちは。上手い具合に編集しますので、好き放題喋ってください。笑」

田中「では遠慮なく語りますね~。」

利用者が主役。我々は引き立て役。


小沼「サービス管理責任者の業務は『専門性が高い』といったイメージがあります。着任してから現在まで業務を覚える上で苦労はありましたか?」

田中「私自身は高齢者支援を6年やっていましたが、『障害のある人の就労支援』はハローワールドが初めて。
それでも、行政に提出する書類作成などメインの業務は、高齢者分野と似通っているところもあったので、そこまで難しくは感じませんでした。」

小沼「大変な思いはあまりなかったみたいですね」

田中「結論から言うと、高齢者でも児童でも何かしら福祉の経験があれば、大丈夫かなぁと思います。」

小沼「ポジティブな捉え方ですね。別分野の経験で何か就労支援に生かせるものがあれば教えてください。」



田中「分野が異なっても『核心』は一緒。私たち支援者は引き立て役。利用者が主役。利用者の『意思決定』が第一ですね」

小沼「なるほど。そうすると支援者は口を出してはいけないのでしょうか?」

田中「そこが難しいところです。利用者の意思決定というのは私たちと同様、常にベストという訳ではありません。」

小沼「後になって『あっちにしておけばよかった…』というのは往々にしてありますもんね」

田中「『選択肢AよりもゼッタイBの方が良い』と思っても、『利用者がAを選ぶ』ことを尊重する。ただ『選択肢A、Bのそれぞれのメリット・デメリットなど情報を示す』、といった形のサポートが大切になってきます。」

「正解のない事」と向き合うのが就労支援


(利用者が発言しやすい環境づくりのため、座席配置も丁寧に考えています)

小沼「何故、そこまで意思決定にこだわるのでしょうか」

田中「『客観的な正解のない課題に向き合っていく術』が就職、職場定着に欠かせないからです。」

小沼「と、言いますと?」

田中「就労支援スクールで利用者のみなさんに学んでいただくことは
大きく『正解があるもの』、『正解がないもの』の二つがあると思っています。

『正解があるもの』というのはパソコンやビジネスマナーなど、いわゆる旧来からある職業訓練プログラムで扱われるものです。
到達点もその過程においても『こうやっておけば間違いない』という明確なハウツーがあることが特徴です。

これらは『技術』であるので、一度法則性を学べば、自分のモノにして再現することは難しくありません。」

小沼「なるほど。では『正解のないもの』とは何でしょうか?」

田中「具体的には『人間関係の処世術』『ストレス耐性』などが該当します。
これらは『こうしておけば間違いない』『コレとコレとこれを覚えればレベルアップ』といった明確なプロセスはないですよね。形式知ではなく、資格試験もないので効果測定も出来ません。
その時々の環境や状況によって正解が変わるので、教えることも難しいものです。」

小沼「確かに。セオリーやハウツーで語れないものですね」

田中「前者がものすごく得意だとしても、後者でつまずいてしまう方は少なくありません。スクールの利用を通して『数値化出来ず履歴書にも書けないが、働き続ける上で欠かせない本質的な術』を身に付けてほしいと思います。」

「同じ目線に立つ」そこから共に考える

【お茶目な言動で笑いを誘うことも…】


小沼「『スキル』と『ハートの強さ』は必ずしも一致しないのですね。このような課題に日々、どのように向き合っているのでしょうか?」

田中「やはり『その時々の利用者と同じ目線でどれだけい続けられるか』だと思います。」

小沼「それ“優しくする”ということですか?」

田中「ただ単に同情、慰めの言葉をかける“だけ”ではありません。とはいえ『厳しく叱る』ということでもない。その時々の利用者の心境、目線に立った『共感力』『理解力』が必要だと思います。そして、『次にどうしたいか』『目標を達成する上で何が必要か』を一緒に考えていく、そういったスタンスです。」


小沼「『上から目線』ではなく『同じ目線』ですね。サービス管理責任者というのは大変奥が深い仕事のようです」

田中「もちろん『サービス管理責任者』としての業務はあります。
ただ『これがサービス管理責任者の仕事だ』という『白黒』ハッキリとした境目はなく、就労移行支援のスタッフの役割分担はものすごくグラデーションがありますね。」

小沼「一概に言えないポジションなんですね。では、最後に一言」
田中「大切なのは、一貫して『相手の立場に立って物事を考える事』。いつなんどきでも、目の前にいる利用者と同じ目線で考えられるサービス管理責任者でありたいです。」

************************************************
ただいまハローワールドでは、「サービス管理責任者」をWanted
詳しくは下記募集ページをご覧ください。

https://www.wantedly.com/projects/250665

  • google plus
  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
COPYRIGHT (c) HelloWorld co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.