ハローワールド

日本初!重度障がい児向け自宅でのマンツーマン保育「アニー」に注目!

2015.4.27

支援団体

アニー
2015年4月より重症心身障害児や医療ケアの必要な子どもを対象とした、日本初の居宅訪問型保育事業「障害児訪問保育アニー」。この事業は子ども・子育て支援新制度に基づく地域型保育事業「居宅訪問型保育」によるもので、2014年9月に杉並区に開園した、障がいのある子どもの長時間保育を実現する日本初の保育園「障害児保育園ヘレン」の姉妹事業となっている。


●障害児をもつ家庭の壁「保育園に入れず仕事を辞めざるを得ない」
重症心身障害児や医療ケアの必要な子ども達はNICU(新生児特定集中治療室)等の医療の発達によって増加しています。
しかし医療ケアの必要な子どもは、既存の保育園に入園することが難しく、親(特に母親)は就労を諦めざるをえません。
障害児家庭の母親の常勤雇用率はわずか5%です。
医療ケアの必要な子どもの受け入れ先が、極度に不足しているのが現状です。
東京23区に0-5歳の重症心身障害児は約1,600人、全国で約17,000人と推計されています。


●「障害児保育問題」の解決のための新たな方法
2014年9月に、杉並区と合同会社西友の助成を得て、杉並区・荻窪開園した「障害児保育園ヘレン」。開園前から定員数を大幅に超える重症心身障害児の入園希望、区外からのお問い合わせが殺到し、ニーズの高さを物語っています。
新しく開園した「障害児訪問保育アニー」では、訪問看護ステーションと連携し、慣れ親しんだ環境で個別対応が必要な子どもそれぞれに合った保育と訪問看護サービスが受けられます。
障害児の自宅に保育スタッフが訪問し、マンツーマンで日中の保育を行う「訪問型保育」であれば施設の定員もなく、より多くの家庭を支援することが可能に。
そのほか「障害児保育園ヘレン」など地域の保育園と連携し、療育施設への送迎などもできるほか、子ども同士の交流によって、コミュニケーションによる発達を促しています。

*********************************
「障害児訪問保育アニー」
http://annie-hoiku.jp

*********************************

佐久間良美

佐久間良美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE
TOP