HELLO NEWS

社会をもっと幸せにするために、
知っておきたいニュースを厳選。

2015.8.17

【イベント】東京「がんと診断された時からの相談支援事業」シンポジウム

f404d4b6805f1a0cae739b8864f2b1fa_s
がんに関するさまざまな分野の相談をワンストップで提供することを目的に、平成23年度から、都道府県がん対策推進事業拡充(がん総合相談事業)の一環として「地域統括相談支援センター」の設置が始まりました。
今回、本シンポジウムでは、がん相談支援センターが誕生して約10年が経過した今、それぞれの地域に根ざしたがん相談支援の充実のために、何が求められ、さらにどんなことを充実していく必要があるのか、そして具体的にどのように推進すればいいのか─など、各地域にすでに設置された「地域統括相談支援センター」や類似機関のこれまでの経験から、がん相談支援体制のさらなる推進の在り方を探る内容となっています。
当日はがん支援に関する6つのプログラムを用意し、よりよいがん相談の支援体制を参加者と共に探ります。

厚生労働省委託事業『がんと診断されたときからの相談支援事業』
日時 2015年8月26日(水)13:00~16:00(開場12:30)
会場 国立がん研究センター 国際研究交流会館 3階国際会議場(東京都中央区築地5-1-1)
対象者 どなたでも
参加料金 先着180名様 参加無料
お申し込み方法 http://www.jcancer.jp/can-navi/sympo-form


プログラム
①「地域統括相談支援センターとは−センター事業の目指すところ−」
講演者:厚生労働省 健康局がん対策・健康増進課

②センター設置の現状や類似組織の現状、相談支援体制の現状と課題
講演者:高山 智子(国立がん研究センター がん対策情報センター がん情報提供研究部長)

③センターを設置した自治体からの報告
坂口 実 (富山県 厚生部健康課 がん対策推進班長)
内上ミワ子(富山県 がん総合相談支援 センター 統括相談員)
加太 竜一(三重県 健康福祉部医療対策局 健康づくり課長)
黒田 和博(三重県 健康管理事業センター 教育広報部長)
増田 昌人(沖縄県 地域統括相談支援 センター長)

④センターに類似した組織から始めた自治体の報告
吉田万里子(京都府 健康福祉部 健康対策課 がん総合対策担当課長/がん総合相談支援 センター長)

⑤患者側からみたがん相談体制への期待
本田麻由美(読売新聞 東京本社 編集局 社会保障部次長)

⑥パネルディスカッション『よりよいがん相談の支援体制』
厚生労働省委託事業の「がんと診断された時からの相談支援検討委員会」の天野慎介委員長の司会で、発表者と患者経験者を含む委員会メンバーにより、よりよいがん相談の支援体制について議論します。

  • google plus
  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
COPYRIGHT (c) HelloWorld co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.