HELLO NEWS

社会をもっと幸せにするために、
知っておきたいニュースを厳選。

2015.6.9

台湾では20人死亡デング熱より怖い「デング出血熱」に要注意!

蚊
みんなが大好きな季節夏!! でも浮かれてばかりはいられません。去年大流行した「デング熱」と併せて今年は「デング出血熱」にもご注意を。

デング出血熱とは

蚊に刺されてデング熱に感染した人が別の種類の蚊に刺されて重症化するというものだ。デング出血熱は、デング熱で発熱後、腹痛や筋肉痛の症状が出て、いったん平熱に戻りかけた時に鼻血や吐血といった症状が現れ、全身の血液の量が減少しショック症状を起こすというもの。

今年のデング熱感染は?

昨年、70年ぶりに日本で猛威をふるったデング熱。今年はなんと去年以上のハイペース!!
「感染しても発症率は20%」(うち重症化は5%)と言われてはいるものの、 5月だけでも80人の人が感染していることが分かりました。

デング熱に感染しやすい人の特徴

一度感染したことがある人
4つの型があるデングウイルス。
一回目と二回目、違う型のウイルスに感染するとデング出血熱やデングショック症候群など、重症になりやすい体質に。

糖尿病の人
カラダの免疫力の低下や内臓の機能が弱っているため、感染で受けたダメージの回復にも時間がかかるのが糖尿病の人。デング熱をはじめ感染症にもかかりやすいので注意しましょう。

健康な子ども(乳幼児)
とても心配な乳幼児の感染。普通の感染症は、体力の低下している子どもが発症しやすいのですが、デング熱は比較的しっかり栄養を摂っている子どもが重症化しやすいといわれています。


デングウイルスのワクチンはまだ開発されていないのが現状。デング熱に感染しないためにも自身で対策を怠らないことが一番です。
公園や草むらが好きなお子さんには、長袖のお洋服を着せたり、虫よけスプレーなどをこまめに塗布しデング熱から予防してあげましょう。

  • google plus
  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
COPYRIGHT (c) HelloWorld co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.