HELLO NEWS

社会をもっと幸せにするために、
知っておきたいニュースを厳選。

2017.9.15

NHK・Eテレ「オイコノミア」で解説をつとめる松井彰彦教授とアトリエ インカーブが “障がいのあるひとの創作と市場”を考えるシンポジウムを大阪で開催!

“障がいのあるひとのアート作品”を“市場”につなげ続けてきたアトリエ インカーブと松井彰彦氏(東京大学大学院経済学研究科教授)が「アート×市場×福祉」の可能性を探るシンポジウムを2017年9月24日(日)に大阪にて開催します。


d28125-2-822488-0
新木友行さんの作品。art on paper2017(ニューヨーク)の展示。

アトリエ インカーブは、15年にわたって知的に障がいのあるアーティストたちの創作活動を支援し、現代アートとして作品を発表・販売してきました。アートの専門性を持つスタッフが、完成した作品の管理からギャラリーやアートフェアでの販売対応までを担い、彼らがアーティストとして独立することを目指し活動しています。近年、障がいのあるひとの創作活動やアート作品に注目が集まるなか、その作品を市場につなげる試みが模索されています。今回のシンポジウムでは、NHK・Eテレ「オイコノミア」で解説をつとめる経済学者の松井彰彦教授をお迎えし、「アート×市場×福祉」をテーマに講演・対談を行います。インカーブのこれまでの取り組みを通して、「障がいのあるひとの創作と市場」の可能性を探り、活動の場を広げることを目指します。

d28125-2-343338-8

▼『ATELIER INCURVE in ART FAIRSー障がいのあるひとの創作と市場ー』 
http://incurve.jp/sympo.html
▼シンポジウム特設facebookページ
https://www.facebook.com/incurve.AIinARTFAIRS

【日時】 2017年9月24日(日)
     13:30〜17:00 開場13:00
【会場】 大阪国際がんセンター 1階 大講堂 
     大阪市中央区大手前3-1-69
【主催】 社会福祉法人 素王会 アトリエ インカーブ 
     http://incurve.jp
【後援】 大阪府・毎日新聞社


【シンポジウム内容】
1.講演「アトリエ インカーブの立点」
登壇者:アトリエ インカーブ代表/今中博之
2.基調講演「市場の力」
登壇者:東京大学大学院経済学研究科/松井彰彦教授
3.報告「国内外のアートフェア」
登壇者:アトリエ インカーブ チーフ/林智樹・三宅優子
4.対談「市場×福祉」
登壇者:松井彰彦教授・今中博之

クラウドファンディングサービス『Readyfor』でインカーブ主催のシンポジウム『ATELIER INCURVE in ART FAIRSー障がいのあるひとの創作と市場ー』の開催費用のご支援を募集しています!
アトリエ インカーブの事業母体は「社会福祉法人」です。年間の事業費は、障がいのあるアーティストたちの日常を守ることに費やされ、国内外の展覧会やアートフェアに出展するための費用は、コンペティションで得た補助金や助成金に頼っています。今回のシンポジウムは、公的な資金や助成金ではなく、すべて「手弁当」で開催することになりました。そこで、開催費用の一部をクラウドファンディングサービス『Readyfor』で募集しています。

知的に障がいのある人の中には「つくる」ことがとても好きな人がいます。現在、25名のアーティストがアトリエに所属し、アートの専門性を持つスタッフが創作活動を支えています。彼らの創造性がそのままであり続けるように、スタッフは教育や指導はしません。ゆったりと心の向くままに制作できる環境をつくり、作品を世界につなげています。インカーブでは、アーティストの作品を「障がい」のある、なしに関わらず評価してもらうため、国内外のアート市場に発表してきました。作品が市場で評価されることは、好きなことを通して誰かに認められたという自信やプライドの構築、さらにアーティストの収益につながると考えています。

「アート×市場×福祉」の可能性を探るシンポジウム”を2017年9月24日(日)に開催します。
いま、わたしたちにはそのための開催費が必要です。どうか皆さまのお力を貸していただければ幸いです。

▼『Readyfor』の詳細は下記リンクよりご覧いただけます。
https://readyfor.jp/projects/incurve-AIinARTFAIRS

【クラウドファンディングとは】
インターネット上で個人や団体、株式会社などがプロジェクトを提案し、不特定多数の方からお金を集める仕組み。2000年代初頭から、欧米を中心に企業・団体・アーティストなどが利用したことで広まり、日本では震災後に活発化。被災地支援や医療問題、製造存続の危機に瀕した製品の継続、海外に渡航し夢を実現したい人に至るまで、あらゆる企画が「共感」によって資金を集め、企画を実現させています。

【アトリエ インカーブとは】
d28125-2-480191-1
アトリエインカーブの様子。

社会福祉法人 素王会のアートスタジオ兼事業本部として2002年に設立されました。インカーブのアーティストたちの作品は、2005年にまずニューヨークで話題になりました。その後、国内外の現代アートを扱うギャラリーや美術館で展覧会が開催されています。2010年にはギャラリー インカーブ|京都を開廊。企画展を開催し、国内外のアートフェアに出展を重ねています。国内最大規模の「アートフェア東京」へ5年連続出展し、国外においてもニューヨークやシンガポールへと発表の幅を広げています。

▼アトリエ インカーブ webサイト
http://incurve.jp

  • google plus
  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
COPYRIGHT (c) HelloWorld co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.