自分らしい生活を目指してHello College

Hello College

ハローカレッジは、あなたの話相手になれる
ことを楽しみにしています。

「自分らしい生活を目指して」かつて、脳が身体を支配していると考えられていましたが、近年の研究では脳と身体そして心が相互に作用しあっているという考え方が主流になりつつあります。
ハローカレッジでは、心・身体・脳は三位一体であると考え、それぞれにユニークなプログラムを用意し、利用者様が自然と生活習慣を身につけられるようサポートをします。

生活習慣の定着

自立した生活には規則正しい生活が不可欠です。ハローカレッジでは、起床・睡眠時間などを振り返る生活ノートをつけ、気軽に支援員が相談やアドバイスをし、生活の定着を目指します。

食生活のアドバイス

健康的な脳・身体にはバランスの良い食事、栄養素が必要です。食事に関するアドバイスをし、身体の内側から健康を目指します。

ハローカレッジの特徴Feature

ハローカレッジは、自分の興味を
知る「自己分析・キャリア相談」で
社会に出て役立つ知識を学べます。

ハローワールドは、就職し働くことにハードルがある方向けの課題解決サービスを行っている就労移行支援事業所です。自身が何がしたいのか、何がネックなのかを徹底的にヒアリングし解決策を導きます。就職するだけでなく、どのように生活していきたいかを一緒に考え必要な訓練、就労に関する相談やサポートを行なっています。

ハローカレッジ開設の想い

自立のために一番必要なのは健康です。

健康とは体のみでなく、「脳・心・体」のバランスが保たれている状態と考えます。そのために、認知行動療法、ヨガ、ストレッチ、マインドフルネス等を取り入れ、既存の集合プログラムに参加せずとも、ラウンジで読書を楽しんだり、仲間や職員と会話をしたりと自由に参加も出きる場を作りました。「あっ、今朝は気分が良いので外出しようかな?」という時、貴方の場所となれれば幸いです。

プログラムの紹介Program

脳・生活習慣及び社会生活の
定着化に向けたプログラム

脳・生活習慣及び社会生活の
定着化に向けたプログラム

お金の知識「社会との接し方」金銭基礎

メンタルケアの手法として、注目を集めているマインドフルネス瞑想。ストレスケアや集中力向上に役立てています。

心と身体のストレスケアに
関するプログラム

心と身体のストレスケアに
関するプログラム

基礎学力の定着と向上

お一人お一人理解不十分な箇所は”異”なります。苦手な事を克服するためにパソコンを活用したり、たっぷりの時間をとり自身のペースで練習を行い基礎学力の向上と定着を行う事で、自分に自信がもてるようになります。

心の舵取り

プラユキ・ナラテボー氏、清水ハン栄治氏の指導を受けマインドフルネスを取り入れています。マインドフルネスは心のエクササイズです。集中力を高めるとともに、ストレス緩和も期待できる手法です。

個人ワーク

そんな時は個人ワークを選択しましょう。ラウンジが別に設けてあるのでそこで仲間や職員と会話をして過ごす事もできます。きっと、貴方の場所はここにあるはずです。

ご利用料金についてPrice

自立訓練(生活訓練)の利用料金は、親を除いた世帯(本人と配偶者)の前年度所得に応じて、利用月額が0円に免除される場合と、1割の自己負担が発生する場合があります。

Ex.1

独身で過去2年間無職の方

利用
料金

0

Ex.2

独身で昨年の収入が年間103万円以下の方

利用
料金

0

※通所の為の交通費や、選考にかかる費用などは基本的に自己負担になります。
(すでに所得がある方、高額所得の方は1割負担があります)

※高収入世帯は37,200円(上限)になる可能性があります。

お気軽に
お問い合わせくださいContact

TEL0120-970-488

平日 9:00 ~ 18:00

ご利用までの流れFlow

ハローカレッジが提供する自立訓練(生活訓練)をご利用するまでの流れを紹介しています。
事業所の雰囲気やプログラムの内容など、見学や体験実習でご確認いただけますので、お気軽にお問い合わせください。ご家族や関係機関の方も同席いただけます。

  • 01

    相談申し込み・資料請求

    資料などではお伝えしきれない事も多々あります。ご不明点や知りたい情報などお答えすることが出来ますので、一度お気軽にお問い合わせください。
    ご自身の状況やご利用にあたっての不安などもお聞かせください。

  • 02

    見学・体験

    実際の雰囲気や細かなプログラム内容、他の利用者の様子などWEBサイトだけではわからないところを実際に見て体験して頂きます。
    どのような環境でどのようなスタッフがいるかなど感じてください。

  • 03

    申請手続き

    お住まいの市役所や区役所で「障害福祉サービス受給者証」を申請致します。
    スタッフが手続きをサポート致しますので、初めての方でもご安心ください。
    ※受給者証の発行には1ヶ月程度かかる場合がありますので、申請期間中は体験利用をおすすめしています。

  • 04

    利用開始

    受給者証発行後、利用開始となります。
    あなたに合った支援計画を作成しスタッフと一緒に自分のペースで進んでいきましょう。

ご利用者様の1日1day

ハローカレッジでの1日の予定は、利用者様にお任せしております。マインドフルネスやヨガ等の通常プログラムの他、施設内のミニ卓球をアクティブに楽しんだり、書籍を読んで静かに過ごしたり、自由に過ごすことができます。

  • 09:45通所・朝礼
    みんなで朝礼を行います。朝礼ではマインドフルネスを実施!頭がすっきりします。午前のプログラムも集中できそうです。
  • 10:00ヨガプログラム
    スタジオへ移動し、ヨガプログラムを行います。ヨガを行うと心も身体もスッキリした気がします。日ごろの運動不足も解消されます!
  • 12:00ランチ
    施設に戻り、みんなとランチ。栄養士監修のバランスの取れたランチを食べられるので、いつもランチが楽しみです。
  • 13:00SSTソーシャルスキルズトレーニング
    対人関係を良好に維持する技能を身につけ、ストレス対処や問題解決ができるスキルを習得を目指します!基本から丁寧に学び、気軽に参加して頂けます。
  • 15:00マネープランプログラム
    生活をしていく上でかかるお金について学びます。調べてもなかなか分からないお金のことについて学べて勉強になります。

※一日の流れは一例であり、写真はイメージです。

よくあるご質問Q&A

自立訓練とは何ですか?

国の支援制度で、障害のある方の日常生活及び社会参加を支援する障害者総合支援法という法律があります。
自立訓練は、障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスの一つとなり、日常生活を営むうえで課題を抱えている精神や身体などに障害がある方を対象に、生活能力の維持・向上等のため一定期間サポートを行うものになります。
詳しくは、よくわかる自立訓練(生活訓練)をご覧ください。

ハローワールドではどのようなことができるのですか?

ハローワールドでは、生活習慣構築の「ブレインフィットネスプログラム」や自分の興味を知る「自己分析・キャリア相談」、社会に出て役立つ知識を学べる「社会参加の準備」の3つのカリキュラムの中で豊富なプログラムを提供しています。
「社会参加の為の準備を行いたい」、「就職を目指して生活習慣を整えたい」、「自分の興味のあるものを探していきたい」方など、ご自身の目指す目標に向けてプログラムを選択し、ご自身のペースで取り組むことができます。
詳しくは、カリキュラム内容をご覧ください。

就労移行とは何が違うのですか?

自立訓練(生活訓練)と就労移行支援は、障害のある方の社会参加をサポートする国の支援制度ですが、自立訓練(生活訓練)は、「自立訓練サービス」、就労移行支援は「就労支援サービス」の一つであり、目的や対象等が異なります。 詳しくは、よくわかる自立訓練(生活訓練)をご覧ください。

利用するにはどのようにしたらいいですか?

お電話または相談申し込みよりお問い合わせください。スタッフが相談日時や見学、体験などについてご案内いたします。
TEL:0120-970-488(受付時間:平日 9:00~18:00)

どんな方が対象になりますか?

うつ病、不安症、双極性障害、統合失調症、発達障害(ADHD・ASD)、知的障害、難病などのある方を対象にしています。
障害者手帳をお持ちでない方でも、医師の診断・定期的な通院(自立支援医療)などがあれば自治体の判断により利用可能な場合があります。詳細は、お問い合わせください。

通うのに地域制限はありますか?

どの地域からもご利用頂けます。
電車に乗る訓練を兼ねて、他県から通うことも可能です。

利用料金はかかりますか?

法令では原則1割負担となりますが、免除となる方が大半です。但し世帯収入によって自己負担となる場合がございます。
月ごとの利用者負担には上限があります。
障害福祉サービスの自己負担は、所得に応じて次の4区分の負担上限月額が設定され、ひと月に利用したサービス量にかかわらず、それ以上の負担は生じません。
利用料金の詳細は、お近くの市区町村窓口までお問い合わせください。
区分 世帯の収入状況 負担
上限
月額
生活保護 生活保護受給世帯 0円
低所得 市区町村民税非課税世帯(注1) 0円
一般1 市町村民税課税世帯(所得割16万円(注2)未満)
※入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム利用者を除きます(注3)
9,300円
一般2 上記以外 37,200円
(注1)3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象となります。 (注2)収入が概ね600万円以下の世帯が対象になります。 (注3)入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合、「一般2」となります。 出典:厚生労働省ホームページ (https://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/service/hutan1.html)

利用期限はありますか?

受給者証発行後、最長2年間に渡りご利用頂けます。

障害者手帳がなくても利用できますか?

障害者手帳をお持ちでない方でも、医師の診断・定期的な通院(自立支援医療)などがあれば自治体の判断により利用可能な場合があります。詳細は、お問い合わせください。

利用するのに、何か必要なものはありますか?

「障害福祉サービス受給者証」が必要になります。
お住まいの市区町村(福祉サービス課)にて発行されます。発行に必要な手続きは、 スタッフもお手伝いしますのでご安心ください。

いつでも見学は可能でしょうか?

見学は随時受け付けております。お電話または相談申し込みよりご予約の上お越しください。
TEL:0120-970-488(受付時間:平日 9:00~18:00)

訓練は週何日ですか?

ご自身の目標に合わせて支援員と相談しながら決定していきます。

パソコンを利用したことがないのですが、初心者でも学べますか?

レベルに応じたパソコンスキルを学べるスキル別Eラーニングを導入しています。

脳トレーニングは危険だったりストレスを感じるものですか?

生活習慣を改善していくトレーニングが主で、特に危険なものはありません。
マインドフルネスは目を瞑る方法もありますが、苦手な場合は別の方法をレクチャーいたします。

生活習慣の改善はどのように行うのですか?

いきなりすべての生活習慣を変えるのではなく、取り入れやすいものから少しずつ実践していきます。毎週、生活習慣についての進捗確認をし、その都度アドバイスさせていただきます。

厳しいトレーニングはありますか?

トレーニングは個人のペースに応じて、支援員がしっかりサポートいたします。
運動も運動経験に応じて内容を変更いたしますし、食事レクチャーも楽しみながら生活習慣病を予防したり認知機能維持によい食習慣を身につけていただくことを目的としています。

就職の相談にものってくれますか?

就労移行支援事業所を法人内で運営しているため、就職のサポートも実施しています。

お気軽に
お問い合わせくださいContact

TEL0120-970-488

平日 9:00 ~ 18:00

  • NOTE
  •  
  • Twitter